玄米を美味しく食べよう~。

店を始めてから時々聞こえてくる



「玄米、私は好きだけど、夫が食べてくれません」の声。




我が夫は雑食なので、白米でも雑穀米でも玄米でも食べてくれます。



特に店をはじめてからは、「玄米食べてないと調子悪いんだろう?」と



頼まなくても炊いておいてくれたりします。



(炊飯器が炊くのですが)




こんな店をやっておきながら



「お母さんの気持ち」も「便秘の人の気持ち」も



「夫(家族)が玄米を食べてくれない人の気持ち」も分かりません。



分かりませんし体験することも出来ませんが、



想像することは出来ます。



(ちなみに、お母さんの気持ちは分かりませんが、当たり前ですが子供だったことがあるので



子供の気持ちになって考えることは出来ます。これは重要ポイントだと思ってます)




ちょっと脱線しましたが



玄米を食べてくれない夫(家族)は



玄米の何が嫌なのかを考えてみましょうよ。



例えば



 圧力鍋で玄米を炊くと、男の人には向かない陽のエネルギーが強く出過ぎるので



重すぎだから。



だったら、土鍋で炊いてみてはいかがでしょう。



 毎日食べるなら白米がいい!と言うなら



週に一度だけでも玄米の日を作るとか。



 そもそも噛むのが嫌いだから!なんていう場合は



普段から健康のため、よく噛むように言いましょう。



玄米だろうが白米だろうが、男の人ってけっこう早食い=噛んでないことが多いです。



噛むのって、とても重要なんですよ。



 がっつり肉メニューと合わない。という意見もありました。



そうなんだ。それは知らなかった。



がっつり肉メニューの時は、雑穀米にして



魚とか野菜メインの時に玄米にするとか。



話はそれますが、肉を食べるときは必ず味噌汁をつけてくださいね。



肉は腸で腐敗してしまいますが、それを防ぐらしいです。




普通にお茶碗によそった玄米が嫌いな人には



おにぎりにすることをお勧めします。



それを焼きおにぎりや、揚げおにぎりにするのです。



玄米は焼いて香ばしくなると、美味しさが増します。



チャーハンも玄米の方が、白米よりぱらぱらと美味しく出来ます。




台所に立ち、メニューを決めるのは



主に女性の特権。



分からなくして、こっそり食べさせちゃいましょう。



美味しくないものを無理やり食べさせるのはNGですから



美味しくて体によいものを出してあげてくださいね。


[PR]

by hatsutamono | 2011-06-04 14:14 | 食・レシピ  

<< 6/6 曇り 今日のメニュー タカキビミートパイ出来ました >>