何からはじめよう

最近、「小さなお子様(赤ちゃん)を連れたお母さん」というお客様が増えました。



動物性食品を使わず



砂糖も使わず



素材も安心。という



他店にはなかなかない



当店の商品を、一番必要としている世代かも。



ありがとうございます。






うちには子供はいませんし



出産経験もありませんので



伝え聞いた知識でしか



答えられない部分もありますし



私の大部分の知識は



ぼや~としていて、自分ではわかっているけれど



説明できないこともいっぱいあります。






でも、質問にはなんとか答えたいなぁと思っています。



いろんな職業や経験を重ねてきているので



そんな雑知識も取り混ぜてお応えしていきます。






  砂糖を使っていないおやつは、まぁ当店で買うとして



日常の料理にも反映させていきたいけれど



何からどう手を付けていいか分からない。



というご質問をいただいたので



こちらにも、ちょっと書いておきます。






料理をある日突然変えると



家族がびっくりして、なかなか理解してもらえません。



なので私がお勧めしたいのは



「調味料をちゃんとしたものにする」事から。



特売の○○風とかじゃなく



本醸造の醤油、味噌



塩化ナトリウム以外のミネラルも含んだ本物の塩



出汁も素じゃなく、昆布や(私は使わないけれど)鰹節でとる。



まず、そこから始めましょうよ。



ちなみに、昆布で出汁をとる。なんて面倒くさそうって思うかもしれませんが



たとえば味噌汁を作る時に



分量の水に、昆布を食べやすい大きさにはさみでちょきちょき切って入れて



そのまま火にかけて、沸騰する前に火を止めて味噌を入れる。



そして具材もその具材に合わせたタイミングで入れて



出汁になった昆布もそのまま食べちゃう。



こんなことでもいいんですよ。



水に対して味噌は一割入れてくださいね。



放射能が怖い今は、そんな濃い味噌汁を飲むことも必要ですよ。






 一番ダメなのは



「食べちゃダメだけど、食べずにはいられない」と罪悪感を持ちながら食べること。



どうせ食べるなら



たとえカラダに悪いと思っていても



楽しく食べたほうがいいのです。



カラダにいいものでも、いやいや食べたらいい効果は得られません。



カラダにいいから食べる。だけじゃ足りないのです。



カラダにいいし、美味しいと思うから食べる。それではじめてカラダによくなります。



肉を食べるなら、その倍量の野菜を食べてくださいね。



ニンニクや、生姜などの薬味もお忘れなく。






当店の商品も、どうぞ美味しく食べてくださいね。


[PR]

by hatsutamono | 2011-04-30 13:49 | 日記・エッセイ・コラム  

<< 蓬祭り実施中~ 春菊の花が咲いてます >>